2007年02月10日

Mr.Childrenの「フェイク」 本物ってなんだ?

Mr.Childrenの「フェイク」が主題歌となったのは、
妻夫木聡と柴咲コウ主演の映画「どろろ」だ。

妻夫木聡演じる百鬼丸は、魔物に奪われた体の48ヶ所を取り戻すために、
魔物と戦う旅を続ける。

映画「どろろ」の百鬼丸は、
”本物”を探す旅をしている。

「でも・・・”本物”って、なんだ?」
という気持ちが、
Mr.Childrenの「フェイク」を作るきっかけになったという。


cover
「フェイク」Mr.Children


いろんなところに”本物”ではないものが、
この世、今の世の中にはたくさんある。

それを受け入れながら暮らしている、
ただそのことを「批判するでもなく、肯定するでもなく」
「”リアル”に表現したかった」

と、Mr.Childrenの桜井くんは言ってる。

こうして、Mr.Childrenの「フェイク」は、できあがったのだ。


ETC購入体験

スポンサードリンク

posted by ちほりん at 14:21| Comment(4) | TrackBack(1) | Mr.Children | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「フェイク」Mr.Childrenは、映画「どろろ」


cover
「フェイク」Mr.Children


昨日の小林克也のラジオで、
映画「どろろ」の主題歌であるMr.Childrenの「フェイク」が流れた。

Mr.Childrenの「フェイク」は、
映画のイメージが強かったので、
タイアップの話がなかったら作られなかったとラジオでいっていた。

今、第人気。

Mr.Childrenの「フェイク」は、小林克也のラジオ番組で人気度第3位だった。


眉毛・まつげ・育毛・発毛

スポンサードリンク

posted by ちほりん at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | Mr.Children | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月09日

AERAの表紙に妻夫木聡くん♪

雑誌「AERA」の表紙に、妻夫木聡くん♪が出てましたヨ〜!
妻夫木聡くん♪のインタビュー欄には、
こんないいことが書いてありました。

「みんなで作るからいいものができる。
そう気付いて、周りが見えてきました」


映画製作は大人数での共同作業。
人間関係も、ビジネスがらみだから大変だろう。

ビジネスがらみじゃないけど、
子供関係の親たちとのおつきあいも大変。

だけどどんな親だって、
わが子にいい経験を積んでほしいと願っている。

楽しく過ごしてほしいと思ってるはず。


だから同じだよね、
子どもも親もどこかで関係している。
みんなで我が子の成長を作っている、守っている。

いろんな人、いやだと感じる人がいても、
共同作業なんだ。

この世は共同作業なんだ。


だからいろいろあっても、
妻夫木聡くん♪の言うように、「いいものができる」はず!


また明日からがばんばろう思える、
妻夫木聡くん♪のコメントでした。


光ブロードバンド工事体験
posted by ちほりん at 06:31| Comment(0) | TrackBack(1) | 妻夫木聡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月08日

手塚治虫「どろろ」と映画「どろろ」の違い

手塚治虫原作のマンガ「どろろ」と映画「どろろ」は、
結末が違う!!

どっちがいいかっていえば、
私はもちろん映画「どろろ」の結末の方が好きで・・・。

ラストの妻夫木聡くんの明るい笑顔と、
柴咲コウの泣き顔は忘れられません!!!

って、
映画を見る人に結末教えちゃうと悪いから、
結末の内容は書かないんだけど・・・!


cover
「どろろ (1) (手塚治虫)

魔神にからだの48ヶ所をうばわれた少年百鬼丸!
安住の地を求める百鬼丸には、常に妖怪がつきまとうのだった!
彼の刀をねらう奇妙な相棒、どろろをくわえて妖怪退治の旅が始まる!
異色の時代劇、第1弾!

ちなみにマンガの『どろろ』は、
農民たちと百鬼丸(妻夫木聡)は、父・醍醐景光を倒します。

そして百鬼丸は、
どろろ(柴咲コウ)を農民たちのもとに残して、
たったひとりで妖怪退治の旅に出るところで終わっています。


ETC購入体験
posted by ちほりん at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 手塚治虫「どろろ」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月07日

妻夫木聡の映画「どろろ」世界23カ国公開!

俳優、妻夫木聡(26)と女優、柴咲コウ(25)がW主演する映画「どろろ」(塩田明彦監督)は、
アメリカ、イギリス、ヨーロッパやアジアなど世界23カ国での公開が決まっている!!

スゴイね。


映画「どろろ」は、漫画家・手塚治虫原作だが、
手塚治作品が世界中にの人に見られるんだね。


映画「どろろ」はニュージーランドで撮影されたんだが、
「ロード・オブ・ザ・リング」のロケ地としても、
ニュージーランドは有名なんだ。

このニュージーランドで撮影した壮大なスケール感と、
「HERO」「LOVERS」で知られる世界的アクション監督、チン・シウトンによる完成度の高いアクション映画となった「どろろ」。


ワイヤーアクションは初めてという妻夫木聡くんと柴咲コウ。
熱愛が噂されている二人だけど、
二人ともワイヤーアクションは楽しかったようだ。

ただ、
柴咲コウがあざだらけになったと言っていたけれど。
(やっぱり大変なんだね)


映画「どろろ」の物語は、
父(中井貴一)が乱世の覇者となるべく魔物と契約を交わしたことの代償として、
その肉体を48の魔物に奪われた百鬼丸(妻夫木)と
男装したコソ泥、どろろ(柴咲)の冒険活劇だ。


医療費をクレジットカードで払える病院
posted by ちほりん at 06:38| Comment(0) | TrackBack(1) | 妻夫木聡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright© byどろろと妻夫木聡All rights reserved

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。