2007年03月04日

ゲーム「どろろ」

手塚治虫原作の「どろろ」は、ゲーム化もされている。

最初にゲーム化されたのは、PC-8801mkIISR以降だ。
1989年1月10日にクエーザーソフトより、発売された。

アドベンチャーゲームとなっている。
手塚治虫原作の漫画では未完に終わっているが、
その続編(完結編)になっている。

また、手塚治虫の絵柄に極力似せて作られている。


その後、「どろろ」はプレイステーション2で、
2004年9月9日にセガより発売された
(CEROレーティング15歳以上対象)。

ジャンルは、アクションアドベンチャーゲームとなっている。

制作はセガ。
企画・シナリオ・設定はレッド・エンタテインメント。


手塚治虫の原作をなぞりがらも、
漫画版には登場しなかった48体の魔神全てと戦えるようになっている。
そして最後は、ゲームオリジナルの結末を迎える。


年齢制限にかかるような重い設定は、
なるべくしないようにしてある。
手塚治虫原作の漫画「どろろ」よりも、
現代的にリメイクしている。


また48ケ所の部位を取り戻す、
という原作の設定を上手くゲームデザインに取り込んでいる。
魔人を倒すたびに、百鬼丸に何らかの変化があるのだ。


目を魔人から取り戻すと、視界が白黒からカラーになる!

触感が戻ると、コントローラが震えるようになる!

腕が戻ると、二刀流になる!

足が戻ると、ダッシュが可能になる!


といった様々な変化があるのだ。
このため、プレイヤーを飽きさせることがなく、楽しめる。


キャラクターデザインは漫画家の沙村広明、
魔神・妖怪デザインはアニメーターの前田真宏、
タイトル題字・美術設定をデザイナーの雨宮慶太が担当。

主なキャスト
百鬼丸:杉田智和
どろろ:大谷育江
醍醐景光:大塚明夫
多宝丸:草尾毅
ナレーション(寿海):小林清志


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


無料で一ヶ月DVDをTSUTAYAで借りちゃおう!
posted by ちほりん at 08:13| ゲーム「どろろ」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright© byどろろと妻夫木聡All rights reserved

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。