2007年02月23日

柴咲コウとツマブキ聡の共演

柴咲コウとツマブキ聡は熱愛中と報道されているが、
映画「どろ炉」で共演する前は、
2004年の「オレンジデイズ」のドラマで共演している。

「オレンジデイズ」のときの柴咲コウは、
ストレートの胸まで届く長い髪だった。


「オレンジデイズ」は、北川悦吏子原作だった。
主演がツマブキ聡で、ヒロインが柴咲コウ。

ドラマは、妻夫木聡が演じる大学4年生・結城櫂と、
柴咲コウが演じる女の子・萩尾沙絵とのラブストーリーだ。


cover
「オレンジデイズ DVD-BOX(メディアファクトリー)


出演: 妻夫木聡, 柴咲コウ、白石美帆, 成宮寛貴, 瑛太

人生の岐路に立つ5人の大学4年生たちが織りなす甘くせつないオレンジな日々をつづった青春グラフィティ。

就職活動に苦戦中の櫂(妻夫木聡)は、
はじめから就職する気のない翔平(成宮寛貴)や
すでに内定をもらっている啓太(瑛太)らと
最後のキャンパスライフを送っている。

構内でバイオリンを弾く沙絵(柴咲コウ)に一目惚れした奥手の啓太は、
プレイボーイの翔平に頼んでデートをセッティングしてもらうのだが、
沙絵が聾唖者だと知らされて逃げ出してしまう。
櫂は仕方なくその代役として沙絵とデートすることになる。


同じく北川悦吏子脚本作である『愛していると言ってくれ』のセルフパロディ的な要素も随所に見られるが、
物語はむしろ平凡な若者たちの群像劇的な趣が強い。

ヴァイオリニストとしての将来を期待されながら病気で聴力を失ってしまい、
その道を閉ざされてしまってからは何につけても頑になってしまう沙絵。
そんな薄幸のヒロイン像からは想像できないような、
沙絵が使う手話には下品な言葉や挑発的な発言が盛りだくさんでちょっとビックリだが、
プライドの高さはそのままにわがままで勝気という沙絵のキャラクターは、そのギャップゆえに櫂に心を開いていく過程ではいっそうチャーミングに映る。


無料で一ヶ月DVDをTSUTAYAで借りちゃおう!

posted by ちほりん at 20:26| 柴咲コウとツマブキ聡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright© byどろろと妻夫木聡All rights reserved
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。